トレーニングのプロが教える、プロテインの選び方と飲み方。

ドリイノでは、みなさまのトレーニング効果を高めていただくために
「プロテインを無料提供」しております。

プロテインとは、タンパク質の意味。
プロテイン飲料は、その名の通り体作りに(筋肉に)必要な栄養素である「タンパク質」を効率よく摂取できるため、
プロテイン飲料単体だけではなく、トレーニングや食事と上手に組み合わせることで筋肉に効果をもたらしてくれます

このプロテインについて、ご質問いただくことが多い「選び方」「飲み方」「オススメ」の3つについて、お答えしたいと思います。
今は、インターネット通販でも手軽に購入できるため、興味のある方は、プロテイン選びの参考にしてみてください。

※ドリイノでは、プロテインの無料提供のみ行なっており、店内での販売はしておりません。

Q1:どのプロテインを選べば良いか、わかりません

プロテインについて、もっとも多いご質問がこちらの「プロテインの選び方」について。
ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテイン…
聞いたことがある方も、多いのでは無いでしょうか?
一口にプロテインといっても、たくさんの種類がありますが、
今回は市販に出回っているホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインの3つを中心にお話しします。

まずはプロテインの種類と簡単な特徴を知り、あなたの目的にあったプロテインを選んでみましょう!

 

 

プロテインの種類と特徴を知ろう!トレーニングパートナーは「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」

「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」は、トレーニングで身体を鍛えている方には欠かせないプロテインです。
どちらも牛乳を原料としていることは変わりませんが、「ホエイプロテイン」は吸収時間が速く、「カゼインプロテイン」の特徴は吸収時間が遅いという特徴があります。

マンツーマントレーニング、ドリイノの食事指導
トレーナーより
トレーニングによって傷ついた筋肉は、数時間〜数日をかけて回復していきます(これが所謂、筋肉痛です)
筋肉はこの「傷つく」→「回復する」のプロセスを繰り返すことで、大きく成長していくのですが、この回復には「タンパク質」が必要です。
そのため、より長い時間タンパク質を筋肉に供給するために、吸収時間の異なる「ホエイプロテイン」と「カゼインプロテイン」を組み合わせて飲むことで効果的に筋肉にアプローチできます。

市販のプロテインでは、「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」がミックスされた状態で販売されていることも多いです。
味のバリエーションも多く、「次はどれを飲んでみようかな」といろいろ試してみるのも、プロテイン選びの楽しみの1つになります。
(バニラ・ストロベリー・チョコなど、オーソドックスなものから、チョコレートブラウニーやバナナシェイク等もありますよ)

「ホエイプロテイン」を飲んで頂く一番のタイミングは、トレーニング時です。
筋肉は、トレーニングをした瞬間から、回復をはじめていますが、
タンパク質は摂取してから、およそ3時間後に吸収が始まるといわれています。
トレーニング中からホエイプロテインを飲むことで、回復する筋肉へ少しでも早くタンパク質を届けましょう。
「カゼインプロテイン」は、トレーニング後に飲んでいただくことで、
ホエイプロテインが吸収された後に、続けてタンパク質を筋肉へ届けることができます。

 

 

プロテインの種類と特徴を知ろう!腹持ち重視ならソイプロテイン

大豆を原料としている「ソイプロテイン」は、ホエイと違い、吸収時間が遅くゆっくりであることが特徴です。
またホエイと比べると、少し粉っぽいのが難点ですが、間食にはもってこいのプロテインですね。
間食にソイプロテインを摂ることで、筋肉にタンパク質を長時間共有することができます。
ダイエット中の方にも、「小腹が空いたなぁ」と思ったら、ソイプロテインをオススメします。

 

プロテインの大きな誤解!プロテインは太りません

筋肉にアプローチするプロテインですが、「体が大きくなる」というイメージが先行してしまい、
「プロテインを飲むと、太る」とイメージされる方がいます。

マンツーマントレーニング、ドリイノ
トレーナーより
これは、大きな誤解です!
「プロテイン」を飲んでも、太りません!(大切なことなので、もう一度いいます)

ただし、普段の食事が偏りがち(脂質や糖質過多、エネルギー過多)や、筋肉の運動量が少なすぎる場合に、
そのままの生活にプロテインをプラスすると、太ってしまいます。
プロテインは、タンパク質という栄養素であり、プロテインを飲むということは、カロリーを摂取しているということになります。
そのため、タンパク質過多や、エネルギー過多になってしまうと、結果として太ってしまうことに…

プロテインを飲む場合は、「食事のバランス」「摂取エネルギーと、消費エネルギーのバランス」を意識して、
食事の内容とエネルギー量、トレーニングや基礎代謝によるエネルギーの消費量を意識することが大切です。
(最初のうちは、食事の見直しや、エネルギーの摂取・消費の見直しは、プロに依頼するのも有効な手ですよ)

 

Q2:プロテインのおすすめの飲み方は?プロテインは不味いですか?

いざプロテインを買おうと思った時に、気になるのは「お味」ですよね。
「プロテインって不味いんですか?」「粉っぽく無いんですか?」
せっかくなら、快適に美味しくプロテインを飲んでいただきたい!
日常的にプロテインを飲んでいるトレーナーから、飲みやすい方法や飲むタイミングなどをご紹介します!

専用シェイカーを使って、粉っぽさを脱却

プロテインは、メーカーや味によって溶けにくい、溶けやすいと差がある場合もあります。
そのため、プロテイン専用のシェイカーを使って、解消していくのですが効果的です。
専用シェイカーの中には、ボールのような金具を入れることで、ダマを防止してくれるものや、
自動で混ぜてくれる電動シェイカーもあります。
大きさも様々ありますが、1回の摂取量を考えると、400ml程度が一般的な容量です。

やっぱり、プロテインで一番のおススメはお水!

プロテインを飲むときに悩むポイントは、「何で割る?」ですよね。
実はその「何で割る」かということも、味だけではなく、体重にも大きな影響を与えます。

「筋肉を増やしたい」「身体を大きくしたい」という方々には、牛乳やジュースで割ることをおすすめします。
タンパク質と共に、摂取カロリーを増やすことで、より大きな体に近づいていくことができます。
ただし、「見た目は大きくなりたくない」といった場合は、こちらはオススメしません。

先ほどと逆に、「体重を落としたい方」「身体を絞っていきたい」という方々は、お水で割っていきましょう。
タンパク質のみをとることで、筋肉にアプローチすることに絞ります。

目的に応じて、割るものも変えていくことで、効果的にプロテインを摂取していきましょう。

プロテインを飲むことが苦手な方へ(舌触り)

「プロテインを飲みたいんだけれど、どうにも味が苦手で…」
「舌触りに慣れない」という方もいらっしゃいます。
そんな方は、「種類を変える」「味を変える」「メーカーを変える」「冷たいもので割る」など、
試していただければと思います。

マンツーマントレーニング、ドリイノの食事指導
トレーナーより

ソイプロテインであれば、より溶けやすく、独特の風味も抑えられるホエイへ変更してみる。
甘い味が苦手な方は、ヨーグルトなど、あっさりした味を試してみる。
メーカーも国内〜外国製まであるため、クチコミなど参考に、試してみましょう。
そして、やはり慣れない間は、冷たいもので割ることで、飲みやすくなります。

オススメの飲むタイミング

プロテインを飲むおススメは、トレーニング前後での1杯です。
トレーニングや運動をすることで、筋肉は疲労し、回復に向かっていきます。
まさにその時に、プロテインを体内に取り込むことで、必要な栄養分を筋肉に供給してくれ、より筋肉が成長するきっかけを与えてくれます。
そして、もう一つのタイミングは間食時。
日常的な生活の中では、どうしても昼食から夕食までの時間が5時間以上空いてしまいます。
空腹が続くと、筋肉は分解され始めるので、身体作りには大敵です。
そんなときに、力強い味方がプロテインです。
プロテインを飲むことで、空腹感を抑えるだけでなく、何より筋肉が分解することも防げます。

最後に、プロテインの大切な飲み方のポイントです。
プロテインはあくまでサプリメントの一つです。
そのため、プロテイン単体ではなく、きちんとした食事と組み合わせることで、効果が発揮されます。
食事をとらずに、プロテインのみを飲み続けた場合、身体に必要な栄養素が足りずに、筋分解を起こしてしまいます。
まずが、食事をしっかりとり、その上でプロテインを飲んでいきましょう。

Q3:おすすめのプロテインはありますか?

ドリイノで無料提供させていただいているのは「GOLD’S GYMのWHEY PROTEIN」です。
タンパク質だけでなく、ビタミン類もしっかり入っているので当店ではこちらをトレーニング終了時にお出しております。
(店舗では販売しておりません)

最新情報をチェックしよう!
>まずは無料体験から -FREE TRIAL-

まずは無料体験から -FREE TRIAL-

はじめての方へ無料体験プランをご用意しております。ぜひお気軽にお試しください。
「理想」を叶えるためのファーストステップ! 今すぐご予約を。

CTR IMG